窓の外の日記

ドイツ大学院修士課程に在籍しています(二年目)。音楽に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenadiary.com

大学院生(理系)が数年ぶりにセンター試験をやってみた 英語とドイツ語

昨日今日で英語とドイツ語のセンター試験を受けてみました。

公式の日程通りにやっています。倫理国語は前回のブログで。

 

madonosotokun.hatenablog.com

 

一応ちゃんとドイツの大学院で「英語で」やっているので、英語の試験はぷれっジャーを感じました。

どうなったのか?早速見てみましょう。

 

 

第三科目:英語 157/200 リスニング 46/50

     200点圧縮 162.4/200

 

…、盛大にやらかしました…。言い訳もないです…。

何がダメだったって、一番の敗因は大問3です。「文章のまとまりをよくするのに取り除いた方がいい文章」を選ぶ問題と、「会話の流れに即した答え」を選ぶ問題でボコボコにされました…。

その他文法や文章問題でもちらほら取りこぼしてこの体たらくです…。

ショックというか、今IELTSとTOEICやったら最高点より圧倒的に低くなるんじゃないかって気持ちでいっぱいです。(お金がかかるんで受けませんが…)

リスニングの方も満点取りたかった…。

 

英語ができない分際で意見があるんですが…。大問1のBが単語のアクセントの強弱についての問題だったんですが、これ必要ですか…?

 

とりあえず自分にがっかりする結果となりました…。

 

 

特別科目:ドイツ語 174/200

 

英語よりこっちの方が点数高いし…。

もちろん受験生当時はドイツ語なんて受けていませんが、同じセンター試験のレベルとして、ドイツ語の試験は英語の試験よりも簡単でした。

点数でも出てるんですけど、解く時間も英語よりすぐ終わりました。

文章問題も文量が少なく、当時英語とドイツ語どっちかを選べる語学力があれば絶対ドイツ語の方が点数を取れる内容だと思いました。

あと、英語以外の外国語科目ってリスニングないんですね。

 

こんな結果になりましたが、一応ドイツ語よりも英語の方がまだちゃんと使えているんです…。

 

 

また新たに醜態をさらす結果となりましたが、これで文系三科目が終了しました。

英語を200点に圧縮した時の文系科目の合計科目は364.4/500となりました。

 

お恥ずかしい話、実はこの点数、受験生の時よりも良かったりします。国語が爆上がりしたのが要因です。

 

来週残りの理系科目、数IA、数IIB、生物、化学をやる予定ですが、こっちの理系科目こそ内容を全然覚えていないと思います。(理系の大学院生ですが…)

 

とりあえずできれば来週で全部解けたらいいなって思っています…。

ただ英語の点数はしばらく引きずりそうです…。

大学院生(理系)が数年ぶりにセンター試験をやってみた 倫理と国語

昨日はなかなか恥ずかしい自分の大学生時代について改めて書いてみました。

 

madonosotokun.hatenablog.com

 

本当に恥ずかしい限りです…。

 

今日は以前にこれとは別に並行して書くと言っていた、今年のセンター試験を解いてみて、その結果を紹介します!(完全に自分だけの、他人置いてけぼりの内容です)

 

センター試験を受験してからそこそこの年数がたちますが、順番通りに倫理と国語を昨日今日でやってみたので結果を報告します。(ちゃんと60分、80分と制限時間通りにやりました)

 

第一科目:倫理 53/100

 

もう解いてるときは「こんな人いたなー」とか「こんなことやってたなー」っていう懐かしい気持ちはあったんですが、誰がどんなこと言った、やったなんて全然覚えてないんですよ。

 

案の定、現役時代よりも点数は下がりました。確か20~30点ぐらい。

まぁ半分は取れたのでギリギリ単位はもらえますね。(ドイツだと)

 

第二科目:国語 149/200

 

一人で笑っちゃいました。現役時代もこんな点数とってたか覚えてません。当時90点しか取れなかったのも馬鹿ちんですが、まさかこんな点数が取れるとは思わなかったです。

 

評論・小説が44点ずつで、古文が32点、漢文が29点でした。

現役の時は評論+小説+古文が45点、漢文が45点だったのがあまりにもインパクト強すぎて覚えています。(国語の自己採点が終わった時点でこれは第一志望に前期出願するのはやめよう、ってなっていました)

 

センター試験の内容は東進ハイスクールに上がっているものを見ました。

倫理の平均点は過去5年でも結構変動があるようですが、今年はどうやらやや易化したようなので平均点以下でしょう。

国語は去年並みなようで、去年の平均点は121.54点だったらしいです。まさか平均点以上になるとは…。その時にこの点数が欲しかったです…。

 

 

今日は倫理と国語の結果についてご報告しました。次の2回では英語とドイツ語を解いてみたいと思います。東進ではドイツ語の問題は出していないので、大学入試センターの方で確認してみますが、もしアップされなければ去年のドイツ語の試験を解いていこうと思います。

英語が低い点数になるのだけは避けたい、文法とかが苦手な大学院生が思っていることです…。

それでは…。

僕は如何にしてドイツの大学院生になりし乎 堕落しきったセンター試験受験から学部1年生後期中間あたりまで

タイトルは完全にオマージュです。

ただ僕自身はキリスト教信者とかではないです。

 

さて、前回のブログでも書いていたように、僕自身の大学生生活、どうして僕がドイツの大学院に進学するに至ったのかについて何回かに分けて書いていこうと思います。

 

もう一つ予告している「センター試験を解いてみる」方も今日「倫理」をやってみました。このことに関しては次に「国語」を解き終わった後に書こうと思っています。

 

本題に入る前に書いておきますが、この大学生活に関するブログは割と留学とはあまり関係のなさそうに思える部分も多々書くことになると思います。改めて書くとなるとものすごく恥ずかしい部分がたくさんあるのですが、それでもよく、かつ時間がある人は読んでみてください。

 

また、YouTubeとかの留学に関する動画とかと比べると、かなり器の小さいというか、「よくお前留学できたな」なんて叱責されるような、甘ちゃんの人の話なので、「留学」 = 「明るく楽しいこと」と思っている人は…、ちょっと嫌な気にさせる部分もあると思います。

 

逆に自分はネガティブ思考だと自覚していてそれでも留学をしてみたいと考えている人には、何かしら「どうにかなるんじゃないか」って思える部分があれば幸いです。

 

前振りをダラダラ書きましたが、本題の方、今日は僕のセンター受験から大学1年生の後期試験が終了するまでのことについて書いていきたいと思います。

 

f:id:madonosotokun:20200121051229p:plain

 

田舎の高校生にしてみたらセンター試験は最初の「人生を決める分岐点」なんて思っていました。北海道の1月はもちろん雪が多少積もっているのですが、試験開始前の僕は寒さで震えているのか、緊張で震えているのか、はたまた昨日の夜全然眠れなくて体調が全快ではないからか、めちゃくちゃ震えていたのを覚えています。たぶんこの全部のせいです…。

 

どうにかこうにか二日間の日程、五科目七教科を終わらせ、安心したのもつかの間、次の日の自己採点では、一番最後に受けた模試の合計点数よりも70~80点ぐらい低い結果となり、相当落ち込みました。

 

僕の家は浪人なんて許してもらえず、北海道外の私立のどんなところでも、経済的な事情で進学は禁止されていました。国公立に進学できれば親に学費を出していただき、生活費は基本奨学金からという感じという計画になっていました。

また、国公立に進学したら一年留学をしてもいいという話もついていました。(僕はこの時点で留学を考えていたのですが、いつから考えていたのかというのは後々書きます)

 

センター試験前に考えていた第一志望のところは、点数的に無理だろうという結論に至り、第二志望の大学を前期に出願することになりました。問題は後期です。

割と親しくしてもらっていた生物の授業の先生に相談したら4つ、5つほど可能性のある国公立の大学を紹介してくれました。生物科目が好きだったので、理学系、工学系、農学系などでした。その中から一つ、後期受験を出願しました。

 

確か二月だと思うのですが、みごとに前期の大学に落ちました。あの合格発表の時、インターネットで自分の番号がなかった時の心臓がキュッとなった感じ、何の言葉も出てこない感じはそうそうない経験だったと思います。まして後ろには祖母がいて、何とも言えない雰囲気になりました。

 

その後も周りは進路が決まっているのに、僕は宙ぶらりんな状態で、沈みがちな数週間でした。

 

その時点で僕も含め、家族全員が道内の私立に行くことに考えをシフトしていた時に、まさかの後期で出願した大学に合格することとなりました。後々知るのですが、点数的には下から二番目とかそれぐらいだと思います。

 

そんなこんなでギリギリ国立大学に進学することができて、留学のチャンスをいただくこととなりました。ただ、大学に入学してからの一年間は無益なことばかりやっていたと今でも思います。

 

そもそも特に行きたいとも思っていなかった大学で、ましてその大学は「国立の底辺」なんて揶揄されるところでした。割とボッチで過ごしていて(ボッチ自体に抵抗感とか恥ずかしさみたいのは感じていませんでした)、ぶらぶらしていた果てに行きついたのが…、

 

パチンコでした。

 

f:id:madonosotokun:20200121053725p:plain

 

もう奨学金の中からお金を使っていたんです…。週一とかで。週一ならハマっていあっとは言わないとか思う人もいるかもしれませんが、今考えればゴミみたいな生活です。センター試験も終わり、親のいない自由な生活となってハメを外しちゃったんですね。金曜日とかの夜に行ってたわけですよ。親(というか母親)がめちゃくちゃ怖い人だったので1円パチンコしかやっていませんでしたが、その時はもうはまっちゃったんです…。

 

そんな僕にも転機というか。一年生後期になると、友達が少しずつできてきました。そしてパチンコに行く頻度も減っていきました。その中には留学とか海外に興味がある人もちらほらいて、その友達とかと話して知ったのが、その後の大学生活を変えるドイツでの短期語学研修の案内でした。

 

次回に続きます。

(多少はしょっている部分もありますが、質問・意見などはコメントにてよろしくお願いします…。多分この一回目が最低回だと思います…)

最後のセンター試験が終了 今後直近のブログについて(予定)

今日ついにセンター試験が終了したということで、受験生の皆さんは本当にお疲れさまでした。

 

例によって試験時間の遅れなどもあったり、世界史では受験者全員に2点が与えられるといったことはあったようですが、今のところカンニングとかの不正のニュースは聞いてません。

 

思い返せば僕も数年前にセンター試験を受けたわけで、本番に弱い+蚤の心臓を持つ僕はセンター試験前日の金曜日と土曜日は全然寝れなかったのを覚えています。

そして惨憺たる結果になったのも覚えています…。

 

ただ今年の受験生にとっては多分更なるプレッシャーになっているのは、来年から試験制度が変わってしまうことにあると思います。浪人となると厳しそうだなと蚊帳の外からですが思います。

 

まして文部科学省のなんだかよくわからないアホな大人たちのせいで振り回されている今の高校二年生以下がかわいそうです…。そりゃ多少の暴言は許してもらわないと困りますよ。

 

 

とにかくセンター試験は今年で終わってしまうということで、僕も今年のセンター試験を解いていこうと思っています。それが一つ目のこのブログでの予定です。

大学入試センターで多分この後今年の試験があがると思うので、手に入れ次第やってみようと思っています。

大学院の方もあるので、時間があるときに1科目ずつやっていく形になると思います。

 

科目は僕が現役の時にやった倫理、国語、英語、数学IA、数学IIB、生物、化学と、あとドイツ語の方もやってみようと思っています。

 

一応理系の人間ですが、二日目にやる理系科目は全然取れないような気しかしないです…。確率の問題とかがあればそこで点数を稼ぎたいですが、今なら高校でやった生物・化学なんてほとんど覚えてないですよ…。(保険をかけておきます…)

英語は…、ある程度しっかり点数を取りたいです…。けど不安です…。

 

とりあえずやっていこうと思います。

しばらくたっても今年の問題が入手できなければ去年のやつをやってみようと思います。

 

 

で、もう一つ考えているのが、僕のセンター試験を受けたころから大学を卒業するまで、僕がどうしてドイツの大学院に行くに至ったのかを書いていこうと思っています。

 

こんなこと書いてもとりわけ誰の得にもならない気もして仕方がないですが、今後留学を考えている人にも読んでもらえると嬉しいです。質問などがもしあればコメントに残していただけると回答できれば回答します。

 

正直、僕自身の留学に至るまでの経緯(というか今も)っていうのはあまりしっかりしているものではないと思います。なので、反面教師みたいになっても構わないと思っています。単純に、僕の経験を書くような感じになるので、YouTubeとかで見る留学をしている人たちの明るい感じとは結構かけ離れている部分があると思うのでそれでも良ければ暇なときに読んでもらえれば、こんな人もいるんだなと思ってもらえれば幸いです。

 

 

とりあえずこの二つについて、今後は書いていこうと思っているので、もしよければ読んでいってください。

 

受験生の方々はお疲れさまでした。まだ二次試験が残っている方がたくさんいると思われますが、四月から自分が待ち望んだ大学生活が送れるように最後まで頑張ってください。

 

それでは。

日本で4月から「健康増進法」が改正されるということで… ドイツのタバコ事情

厚生労働省が望まない受動喫煙を防止するために改正・施行される健康増進法。僕もちゃんとわかっているわけではないのですが、飲食店、つまりは居酒屋とかでも喫煙室の中以外は完全に禁煙になるそうで、吸う人にとっては肩身が狭い状況にどんどんなっていると思います。

 

そんな話題があったので、今回はドイツのタバコ事情について紹介していきたいと思います。

 

まず、今回日本では屋内での喫煙を禁止にしましたが、ドイツはすでにこのような状態になっています。レストランやカフェ、バーなどでも完全に喫煙が禁止されています。屋内の喫煙所は見たことはないです。

そのため、タバコを吸う人は屋外の席に座るか、とにかく屋外で吸わないといけません。

 

これだけでいうと、喫煙をしない人にとっては良いことかもしれませんが、この屋内喫煙禁止もあってか、街では歩きタバコとポイ捨ては普通のものとなっています。駅のプラットホームとかには喫煙の場所などがあったりしますが、道を歩いていればいろんなところで捨てられたタバコを見かけます。日本人からすると汚く思ってしまうかもしれません。

 

次に値段ですが、日本ではだいたい500円前後でしょうか?ドイツはそれよりも少し高く、普通のタバコは600~800円ぐらいはするといった感じです。

ただ、自分で巻くタイプのタバコはもう少し安くなっています。

ヨーロッパでいうと、ノルウェーやイギリスなどは1000円を普通に超すようですね。

 

タバコのパッケージに関してですが、紹介するために3か月ぶりにタバコを買ってきました。(高いのであんまり買ってないです)

 

f:id:madonosotokun:20200118052155j:plain

ドイツのタバコ 害があるものとはっきりと写真と文章で明示しています


上の写真でもわかるようにパッケージにははっきりとネガティブな内容を写真や文で示されています。パッケージの写真はもう少しグロテスクなものもあったりします。(肺や目の画像など)

 

最後にドイツの喫煙者についてですが、これはあくまで僕の思っていることなので統計的には違うかもしれませんが、とりわけ喫煙者が少ないわけではありません。僕的には女性の喫煙者が日本よりも多いんじゃないかなって思っています。

 

結果的にドイツと日本を比較してみると、日本の方が喫煙者を「締め上げている」印象が強くなってきているので、一応日本の方が健康意識に関しては高いと思います。

 

さて、上でもあるように、僕自身はタバコを吸います。

吸うといってももともと喘息持ちというのもあって、いっつもふかしたばこで、9月に買った以降、今日初めて買いました。

もともと学部生で日本にいるときはお酒を飲むときに一緒にタバコを吸うといった感じだったので、1か月に2, 3日、ぐらいしか吸っていませんでした。ましてタバコを買ったら友達にもあげてたりしてたので。(勧めたとかじゃなくてもとから喫煙者の友達です)

今はもっと吸う頻度が減っています。単純に吸っているのは憧れがあるからだと思います。

 

健康に気を遣うのはもちろんいいことなのですが、せめてルールを守ってタバコを吸っている人は邪険に扱わないでほしいです…。一応ちゃんと税金を払っているので…。

 

今日はドイツのタバコ事情について少し紹介しました。

これからもドイツの生活に関して紹介していければと思っています。

何かそういったことで気になること、質問があればコメント欄によろしくお願いします。