窓の外の日記

ドイツ大学院修士課程に在籍しています(一年目)。音楽に関するブログはhttps://madonosotokun.hatenadiary.com

3学期目の大学社会負担料を払ってきました。

学費が無料の代わりに払わなければいけない社会負担費を払ってきました。

(社会負担費に関するブログも書いているので知りたい方は以下のブログもご覧ください)

 

madonosotokun.hatenablog.com

madonosotokun.hatenablog.com

 

madonosotokun.hatenablog.com

 

来学期(2019年の冬学期)の料金はおよそ4万円。これでしかも州内の公共交通機関も乗り放題ということで、非EU圏の学生にも寛大なドイツには感謝しかないです。

(学部の時から留学を出来ていれば…)

 

ともあれいよいよ10月から3学期目に突入、もうすぐドイツに入国してから1年になります。

1年あっという間だったなー、って感覚はあまりなく、むしろ日本の大学を卒業してからまだ1年半「しか」経ってないのか、という方が大きいです。

それはこの1年いろいろバタバタしていたからなのかもしれませんが、それとは別に今回は2年経ったら(卒業したら)日本に帰らないといけないという制約がなく、自分次第でヨーロッパに残れるというのも要因だったと思います。

 

(何も問題がなければ)3学期目では15単位の科目を2つとり、4学期目で30単位の修士論文を書けばおしまいです。あと3科目だけとなりました。(ほんとに変なことが起きなければ…)

 

卒業後のことを考えると、おそらくまだヨーロッパにいることができることになるはずですが、やっぱり進路に関しては悩みもつきものです。が、とにかく平穏に暮らしていきたい…、その一心です。

平穏に、とはいってもそのためにはチャレンジを続けなければいけないと思っているので、もっとしっかり計画を立てていきます。

 

ブログも続けていくつもりですので、何卒よろしくお願いします。

 

質問や要望なども承っていますので、コメント欄にぜひお願いします。

★も今後のモチベーションになります。

10年前と10年後 マシュー・マコノヒーのスピーチ

座右の銘というと長すぎるし、そもそもあるスピーチの一部分ということで信条というと二番煎じになってしまうのですが、僕にも人生の糧となるようなものがあります。

 

それがタイトルにあるマシュー・マコノヒーというアメリカの映画俳優が、『ダラス・バイヤーズクラブ』という映画でアカデミー主演男優賞を受賞した時のスピーチに大きくかかわっています。

 

あとで僕のアレンジというか拡大解釈、もしかしたら曲解のような考え方を書くのでまずはそのスピーチを聞いてほしいです。(重要な部分は3分27秒あたりからです)


Matthew McConaughey winning Best Actor

 

こちらがその部分のスクリプトです。

(出典: https://genius.com/Matthew-mcconaughey-best-actor-acceptance-speech-oscars-2014-annotated)

 

"--- And to my hero. That's who I chase. When I was 15 years old I had a very importnat person in my life come and ask 'Who's your hero?' I said, 'I thought about it and it's me in ten years. So I turned 25 ten years later and that same person comes to me and goes, 'Are you a hero?' I said, 'Not even close!' She said why and I said, 'My hero is me at 35.' You see, every day, and every week, and every month, and every year of my life, my hero is always ten years away. I'm never going to be my hero. I'm not going to obtain that and that's fine with me because it keeps me with somebody to keep on chasing.---"

 

和訳もしてみます。

 

「———そして僕のヒーローに。それが僕の追っている人です。僕が15歳の時に人生において重要な人物が僕に聞きました『君のヒーローは誰?』。僕は『考えてみたよ。10年後の僕さ』って言いました。そして10年後、25歳の時に同じ人が『君はヒーローかい?』って聞いたので僕は言いました。『全然違うよ!』彼女がどうして?って聞いたから僕は『ヒーローは35歳の僕さ』って答えました。

つまり毎日、毎週、毎月、毎年、僕のヒーローは10年後にいて、僕はヒーローには決してなれないんです。それを手にしようとは考えていないけれどそれでもいいんです。追う人が常にいるから。———」

 

僕は映画を見るのが結構好きで(というくせにまだ『ダラス・バイヤーズクラブ』は見ていないのですが…見たいです…)、この年のアカデミー賞の授賞式もテレビで見ていました。

 

ここからはこのスピーチを聞いた僕の話になります。

 

このスピーチでは自分はヒーローに決してなれないということですが、逆に言えば「過去の自分」にとっては少なくとも「今の自分」はヒーローに慣れているということです。

実際これを言えるのにはかなりの努力をマシュー・マコノヒーは積み重ねてきたのだと思います。実際、アカデミー賞という俳優としてはこの上ない賞を受賞しましたし。

 

そこで僕が考えるのが、「10年前の自分にとって今の自分はヒーロー、あるいはなりたい自分になれているか?」ということと、「10年後の自分がなりたい自分であるために今何をなすべきか?」ということです。

 

そこで10年前の自分、10代のときの自分を思い返してみます。

ふと思い返すとそのころから自分は既に海外にあこがれを持っていた気がしますが、生活としては残念なもので、学校の廊下を通り抜けようとしたときに殴られるなんてこともありました。(特殊なパターンかもしれないです)

 

その頃っていうのがコミュ障というかもはや対人恐怖症だったんじゃないかってぐらい人のことが怖くて、誰かが笑っているのを聞くと自分が笑われてるんじゃないかって思いこんで苦しんでいた時期でもありました。(それでも友達とかはいたし部活もやっていたのですべてが真っ暗だったわけではないので大丈夫です)

 

そんな子どもが10年後になんやかんや海外で暮らしているというわけで、10年前と比べればなりたい自分になれているんじゃないかなって思います。人間としてはまだまだ浅はかに感じるところも多々ありますが…。

 

そして10年後のことを考えてみる。30代になっているとき。「こうなっていたい!」と完全に定まったものはないですが、それなりの希望はあるので、どうにかこうにかそのようになれるように頑張っていきたいと思っています。

 

10年後、もしこのブログが残っているのであればこのブログを読んで笑えれたら良いです。ともあれ、マシュー・マコノヒーのスピーチは僕にとって生き方を考えさせられるものとなりました。

 

希望をもって日々を生きていたいです。追っている人に向かって。

とりあえず健康でいよう。

 

レポートとバーベキュー(ビアポン)

昨日ついに実験のレポートを提出しました。結果は以前に書いたプレゼンテーションと50%ずつの配点になっていますが、80点はいっててほしい…(と言ってると60点、70点台だったりする…)

 

このレポートの締め切りが昨日だったのですが、これと同じ日に、その実験に登録していた学生とTAだったPhD、ポスドクの人、教授とバーベキューをやる予定になっていました。

 

雨の予報でしたがどうにか持ちこたえました。

教授はサンプリングに行っていて結局顔を出したのは最後の数分ぐらいでした。この教授、経歴とか研究とかの話を聞くと頭が下がります。すごい先生です。

 

ドイツでも時々見かける飲みの時の鉄板のゲームの一つにビアポンがあります。

(以前別な飲み会の時のゲーム"Kings"の紹介もしているのでそちらの方も興味があればご覧ください。ただ、飲む量はとにかくほどほどに)

 

madonosotokun.hatenablog.com

 

このビアポンもWikipediaにあるのでそちらを見てもらえたらやり方がわかると思いますが、ざっくりいえば相手陣地にあるビールカップにピンポン玉をうまく投げ入れれたら相手がそのコップのビールを飲むというものです。

 

この日はご飯をものすごく食べたというのもあり、久々にビールが酔っ払ったせいではなくて腹がパンパンになって飲めないという状況に陥りました。

ともあれ楽しかったです。おいしかったです。

 

そのあとは友達の家に行って軽く飲んで談笑とかをしていました。

今日も別な友達と飲む予定なのですが、とりあえず今週末はゆっくりしたいと思います。

 

来週からまた別なレポートをやらないといけないです…。全然夏「休み」じゃないです。ただ、暇よりずっとましです。

 

今日はこんな感じです。

ドイツ大学院生のお金の稼ぎ方 正規学生には"HiWi"がオススメ

f:id:madonosotokun:20190809053449j:plain

 

ドイツ留学は学費が無料ですが、生活費はどうにかしないといけません。

 

僕は奨学金をもらえていない身分なので、この2年間の生活費は自分でどうにかしないといけません。

その一つの方法として、ドイツでアルバイトなどがありますが、学生の方にはHiWiがオススメです。

ドイツでは学生ビザ取得者はアルバイト(ミニジョブ)を行うことができます。月450ユーロまでは税金が免除されます。

 

HiWiはWissenschaftliche HilfskraftやHilfswissenschaftlerの略で、要するに研究などのお手伝いをする、リサーチアシスタントなどのお仕事をするものです。

 

契約は大学と大学のある州などで行われるので、オフィシャルのややこしい手続きは心配ないです。また、時給も結構いいですし、BachelorよりはMasterの方がもらえます。かなり生活の助けになっています。

上記の450ユーロという制限があるので、僕は週8時間と決まっていますが、これもかなりフレキシブルで、何時に来てもいいし、今週16時間働いたら次の週は来なくていいという風にバランスをとることができます。

 

僕の場合ですが、大学の教授に「リサーチングアシスタントできませんか」みたいな内容のメールを送り、そののちにその教授の研究室のPhDの人から「どうですか?」みたいなメールをもらったので、働くことになりました。3か月ごとに契約をすることになりますが、今月中に10月から12月の契約も行うことになると思います。

 

基本的には実験補助がメインになりますが、修士論文などもその研究室で書くと思うので、事前にどんな研究室か、どんな雰囲気化を知ることもできるので良いです。そんなわけで正規で来ている学生はHiWiのポジションを探してみるのが一番いいと思います。

 

修士以上の正規留学で海外に来るとなると、レストランなどで働くのはちょっと違うかなってなってしまいます。

研究には関りのある仕事ができますし、かなり生活の足しになるので、HiWiの仕事は本当にオススメします。

1学期目の成績が確定したので発表します 海外大学院は本当に勉強ばかりの毎日なのか?

だからなんだって内容かもしれませんが、実際日本人がドイツの大学院で勉強したらどんなものかっていうのの紹介です。

 

1学期目が終わって4か月近くになりましたが、成績の確定がこんなに遅れたのは、1つの科目の2回目の試験 (ドイツでは2回の試験のうちより点数のいい方を最終評定として採用するシステムがある大学・学部があります)が今週月曜にあったからです。結果は翌日火曜にすぐきました。

 

そんなわけで僕が1学期に取った科目の内容と結果をざっくり紹介します。

ちなみにドイツは最高が1.0 (100-96点)、最低が5.0 (49点以下、不可)、単位を取れる最低ラインが4.0 (55-50点)です。

 

統計学 (必修・5単位): 1.3

その名の通り統計の基礎的内容を習いました。

様々な「平均 (Mean)」の算出方法からANOVAまで、割と面白い科目でした。

 

環境微生物 (必修・5単位): 1.0

微生物系の分野ということで何としても高得点を取りたかった科目でした。

2人の教授からそれぞれの分野(バイオデグラデーション、微生物多様性)について学びました。

 

水化学 (必修・5単位): 1.7

一番大変な講義(+発表)でした。

講義の内容は割と物理化学系ですが、それと並行してこの科目に沿ったケーススタディーをグループごとに行って学期末に発表するというものでした。

このグループワークも大変でしたが、試験も一番タフなものでした。

 

環境化学 (選択・5単位): 1.0

環境化学」をテーマに様々な事例についても学ぶ講義でした。

とにかくその専門分野の用語の理解をする必要があって、丸暗記で試験に挑んでいました。

 

地質学 (選択・5単位): 1.3

最近では化学や微生物との関連性が分かってきましたが、この講義を取り始めたころはほかの科目と関係しているのか?なんて疑問も思っていました。

唯一のオーラルの試験で、6人のグループでの試験となりました。

 

下水処理 (選択・5単位): 1.0

1回目の試験が月曜日にあったのですが、その前日・前々日にめまいを発症して長らく座ることすらできず、1回目の試験はぱっとしない結果でしたが、2回目でビシッといい成績を取れたので良かったです。

割とエンジニア寄りの内容ですが、生物による下水処理に関する内容も含まれていました。

 

エクスカーション (選択・1単位): 合格

日本語だと「社会科見学」とかにすれば一番近いかもしれません。ドイツの上水処理施設に見学に行き、レポートを書くというものでした。

点数による採点はなく、レポートの出来で合格か不合格が出ますが、多分全員受かります。

 

 

そんなわけで1学期目は合計で31単位を取りました。

ドイツの修士課程の卒業要件は120単位なので、各学期30単位平均で単位を取得する必要があります。

不安ももちろんありましたが、終わってみれば割といい成績だと思います。(全部1.0取れよ、っていうコメントはご勘弁ください)

 

今学期も全試験の1回目が終わりましたが…、1学期目よりは良くない結果になると思います。かといって悪すぎることはないとは願っていますが…。

 

今学期は試験と同じくらい、レポート提出によって評価が決まる科目の数があるので、それがどうなるかっていうところです。

来週金曜日に実験のレポートの締め切りがあるのですが…、どうにかします。

 

 

試験に関して言うと、海外留学でイメージする毎日朝から晩まで勉強ばかりっていう感じではないです。(アメリカとかになると本当にそんな感じなのでしょうか?)

下手したら僕の大学が緩いだけかもしれませんが、毎週レポートを出さないといけないとかはないです。これは理系だからかもしれません。

 

そう。この「理系だから」っていうのはあると思います。よく聞く「課題が毎週出されて大変」とか「朝から晩までみっちり試験勉強してる」とか「ディスカッションが難しい」とかっていうのは文系の人たち寄りのことなんじゃないかなって最近思っています。

 

ドイツは研究室の人でも5時までには普通に帰っています。逆に学部時代の寝る時以外は割と大学か研究室にいるっていうのが逆に懐かしいです。

試験が1学期に10コ以上あったというのも普通だったので、そのおかげもあって今そんなに忙しく感じていないかもしれません。

 

言い換えれば、やってみたいことを自由に選べるっていうのがドイツ(僕の大学院)の良いところです。全部自己責任ですね。

 

夏休みも結局、実験やレポートなどやることが詰まっているので、地道にこなしていきたいと思います。